2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展開が超高速なアニメブレイブルー 第1話「赤き反逆者」の感想

術式封緘
BLAZBLUE ALTER MEMORY 第1話「赤き反逆者」


どうも、今回から格闘ゲーム原作のアニメ
『ブレイブルー アルターメモリー』の感想いきたいと思います

ブレイブルー自体の知名度はどうかわかりませんが
ニコニコの方でわりかし有名な紙芝居式ラジオ?『ぶるらじ』の宣伝元のゲームです

ブレイブルーは格闘ゲームなのにストーリーモードが普通のノベルゲーレベルってのが売りで
色々メディアミックスされています、漫画などなど

そして、今回ついにアニメ化に至りました
さて、その1話の感想です
先についてのネタバレなどは伏せて書いてます

ちなみに、エクスなあの外伝と絡めた考察?は『タカマガハラ』の名前が出てきてからしようと思います
ご新規さん、もし見てたらいきなり謎の名前出しちゃってごめんなさいね
◆あらすじ?

記事タイトルにもありますが、このアニメ
少なくともこの1話では

世界観を説明する気が一切ありません
ってか公式サイトにすらありません

おいおい
わかりやすくしたって言ってたプロデューサー、これはどういう事だ

同じく1話(あれは0話だけど)から視聴者おいてけぼりな京騒戯画ではそこんとこは一応ちゃんと書いて
ついでに言うとニコニコの配信では、動画説明文見れば、大体どういう話かもわかるんですが…

話の作り的に、設定や人物相関をどんどん紐解いていく作りなんでしょう
しかし、京騒戯画の様に話を説明しなくても見せられる、ぶっ飛びカッとんでいる雰囲気は無い作品なので
原作知らない人が見るには厳しい作りに…
原作知ってる人でも展開の高速さが厳しいとの声も

一応ざっと世界観、説明してみます…
すごいざっくりです

”西暦2100年、人類は未知の巨大生命体“KAIJYU”『黒き獣』によって滅ぼされかける
そこに魔法を使える『魔法使い』たちが現れ、『術式』という、黒き獣と戦う技術を発明

黒き獣は倒された、が、獣が世界中に撒き散らした『毒の霧』が残ってしまう

人々は毒から逃げるため、魔法使い達の指揮で山に階層状の街を作り、そこで復興をはじめる
魔法使いは世界政府『統制機構』となり
毒の名前は『魔素』と名付けられた”


そして、ここから1話
2199年、世界政府『統制機構』を潰そうとする奴が現れた
奴の名前はラグナ=ザ=ブラッドエッジ
ラグナはあの黒き獣の力を右腕に宿していた

もっともっと、簡単に言っちゃうと

裏で悪いことをしてる世界政府を倒そうと頑張る闇の力持ちの主人公の前に、
生き別れのヤンデレブラコンホモとか
主人公の賞金や『主人公の右腕の力』を狙う色んな奴らと戦うお話です

◆“――――(話に)ついて来れるか” cv;弓兵 人形遣いでも可

さて、前述した通り、このアニメはご新規さんが見るにはかなりハードルの高い1話となってしまいました
このハードルを越えて何も知らずこの1話が楽しめた人は、今後もずっと楽しめる気がします

では、じゃあ原作やってる人はどうなの?というと
結構満足できる作りです
作画や演出は、すごく良いって訳ではありませんが、悪い感じではありません
名ばかりヒロインと言われていたノエルが、ちゃんとヒロインしてたり

少なくともストーリーモードをやっていて、覚えてれば楽しめる、はず
それでも展開早まわしすぎですけどね

そして、原作を知っているとニヤリと出来るシーンなどが多数仕込まれていました
設定上、あまり活かされていなかった、ラグナの右腕は周囲の力を無造作に奪ってしまう故に基本たった一人で行動している点など
ノエルが初対面のはずのラグナに膝枕をしていた事など

もっと細かい点を言うと
世界が術式を中心に動いているため、機密文書も術式で封印されていたり
術式封緘

イケメンでまともな手配書の存在 ヤング・ガン・カオスが地味に気なる
イケメン手配書

幼少期の回想時、ジンの隣にあの彼女が立っていたこと
原作でここの詳細が不明だった為、何気に重要情報
ジンとサヤ

んで、原作でおなじみの、あのお店の名前判明、深予湖(しんよこ)
ネタ解説すると、このゲーム作った会社が新横浜にあり、その略称から、身内ネタっぽい?
しんよこ

などなど、他にも色々ありますが、わかりやすいのはここら辺かな

なお、原作の格ゲー的な面で見ると、割と技再現の方もしてあります
ついでに言うと、アッパー(ヘルズ追加?)からのカカト落としで一撃という
格ゲー的に見てネタにしか見えない面白い所も
アニメブレイブルーのシステムはブシドーブレードだったようです

まあそんな感じで、原作を知っている身としては、十分楽しめました
次回は皆だいすき(最新作で性能強すぎて嫌われたけど)あの白いお侍さんの活躍です


TVアニメーション「BLAZBLUE  ALTER MEMORY」第1巻 (初回限定生産版) [Blu-ray]
加賀クリエイト (2013-12-25)
売り上げランキング: 184


クリックしてもらえると嬉しいです


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ninin

Author:ninin
色々な物の感想を書いていきます、時々落書きとかイラストも載ってける予定

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
オススメ
カウンター
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。