FC2ブログ

2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三人娘が揃い踏み ブレイブルー第4話 『確率事象』の感想


BB4話2
BLAZBLUE ALTER MEMORY 第4話『確率事象』


どうも、アニメブレイブルー第4話の感想いきたいと思います

今回は溜め回というかキャラ達の関係がわかる回でしたね
世界観説明が少しあり、自然な流れで良かったです
あとようやくOP完成!
一瞬映るバング殿かっこよかった、のはいいけれどアラクネがリッカーに

ちなみにツイッターにて、こんなブレイブルーのあらすじ説明を見つけました
ブレイブルー読本とな


良い感じにわかりやすいですね
◆開幕ポエム

まさかいきなりノエルのポエムで始まるとは思いませんでしたw
CTアーケードでのジンのエンディングですね、懐かしいなー
かーらーのハクメンハード
ココノエさん最新作でプレイアブル化されアニメでもノリノリでございます

そして場面が飛び飛び、視点は変わりタカマガハラに勧誘されてるレイチェル

4話目で出てきましたね
割と謎多き存在の『タカマガハラシステム』
世界を管理し、世界を蒼で満たそうとするシステムで時空すら思いのままの人工物です

第一部におけるループはこの人?たちのせいだったりします
外伝でもこの名前が出てきます、この名前が出たしぼちぼち外伝とのつながり考察的なの書いてこう

◆一方主人公ラグナ達は

ラグナは未だに怪我でタオの家から出られない状態でした
あーνの武器って怪我治りにくい武器だったか

ラグナとタオカカとの関係は見てて和みますね
「いっぱい食べて早く元気になるニャスよ!ヘィヘーイ(低音)」「熱っあっつ!……お、いけるじゃねぇか!」
のシーンが無駄に良いテンポとシュールさでつい笑ってしまったw

BB4話1

一方女主人公のノエルは旧友であり前回出てきた黒い制服のリス娘『マコト』と会いましたね
ここから過去回想で学校の勉強形式で世界観の説明が
これ2話あたりでやってよ!

人類が『黒き獣』と戦い術式を作ったこと、巨人砲『タケミカズチ』やアークエネミー
『六英雄』が黒き獣と戦ったことについて触れてました

そして、ノエルの交流関係を見せつつ、旧友のツバキにノエルの暗殺命令が下ったことが判明
ここらへん知ってても見てて面白かったですね
ハザマとツバキのやりとりとか、今回は良い雰囲気で話が見れます

BB4話2


ちなみに「マコト情報漏洩しすぎwww」ってコメントがニコニコの方でいっぱいありましたが
この情報漏洩には理由があります
マコトは脳筋だけど常識人なのです、戦闘服が痴女?(∩゚д゚)アーアーキコエナイ

◆ノエルはラグナの元に

ふらふら彷徨ってたジンは六英雄の1人、にゃんこ先生『獣兵衛』と会いました
いきなり『秩序の力』の説明で、視聴者的にはジンみたいに「何を言っている」状態になる気がしますが
なんとなくジンが秩序の力を持ってるってのはわかる描写かな?

ノエルはマコトのアドバイスと術式を使って、ラグナに会いにタオの家へ
ここでちらっと格ゲーでは見れない進路案内の術式が見れました、良い演出

また、ライチ先生と戦う雰囲気になりかけたり
医者やってた頃のライチ先生は良い人だなぁ…
なぜかタオの家にレイチェルまで集まりなんだか原作のギャグルートっぽかったです

ラグナとノエルの邂逅再び、話あって少しでも仲を深めてく描写があるのも良かった
そして最後にハザマとレリウスの黒幕組、
メインヒロインのΛがちらっと出てきて序章という感じで今回はおわり

さてさて、ノエルの積極的な邂逅で結構オリジナルな感じで話が進んできました
今回は割と話として面白かった気がするので、このクオリティ維持してってもらいたいなー


TVアニメーション「BLAZBLUE  ALTER MEMORY」第1巻 (初回限定生産版) [Blu-ray]
加賀クリエイト (2013-12-25)
売り上げランキング: 847


クリックしてもらえると嬉しいです


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ninin

Author:ninin
色々な物の感想を書いていきます、時々落書きとかイラストも載ってける予定

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
オススメ
カウンター
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。