2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不吉な詐欺師が語り部 『恋物語』 第1話の感想

恋物語1話
恋 物語 第恋話『ひたぎエンド 其ノ壹』


どうも、アニメ物語シリーズセカンドシーズン
恋物語、第1話の感想いきたいと思います

今回から囮物語の続きであり後編でもある恋物語の章ですね
一応原作ではこれでセカンド最終章ですが
アニメでは本放送で飛ばされた花物語がネット放送するそうで

とにもかくにも、今回で撫子編は完結
語り部は偽物語で登場していた胡散臭い詐欺師、鈴木 貝木泥船で進行していきます

■また騙されたな

今回からあの敵で出ていた貝木の一人称視点という色々衝撃的だった今章
原作読んでた時からかなりびっくりした配役でしたね、最後の最後にお前かよ!っていう
戦場ヶ原の一人称だろうなって思ってた
騙された

文章だとあっさりしてるとこありますが、アニメの方では声で貝木の思考を話すので
あの胡散臭い詐欺師の胡散臭さ、面倒くささが文章以上に如実に出てました
そして、渋格好良さも出てた
西尾維新の書くおっさんって高確率で超格好いい駄目人間達だから困る

あと、個人的に、偽の頃発表された貝木のデザインがイメージとだいぶ違ったので
結構違和感あったんですが、流石にそろそろ慣れてきましたね

千沼ヶ原 戦場ヶ原さんとの掛け合いは昔コンビだったという事もあり
色々な意味で息の合った話し合いになってました

鼻眼鏡のシーンは想像以上にシュールで吹いた
恋物語1話

あと貝木の「ふへへへwwwよし勝った」のあたり素が出てて地味に良い

ちなみに、アニメ独自の演出にて
原作では刺される脅しのシーンで貝木は警戒しつつ「嘘だ」と断じてますが
アニメではさりげにコップを心臓の位置に持ってきて一応ガードしているのが面白かったw
刺してきそうだもんなぁ、千沼g 戦場ヶ原さん

■神様を騙す

撫子に殺されそうになっている阿良々木(とついでに自分)を助ける為
戦場ヶ原さんが貝木に協力を仰いだ今回

貝木は基本的に悪人であるが、どこか誠実さがあるというのが1話でよくわかる回でした
というか良い人間か悪い人間か、という括りで話のもなんか違いますね
神原相手なら本人も言うとおり無条件で良い叔父さんなんですが

あとお金対しても超誠実
原作では「金に対する礼だけは失ってはならない」とか言ってます、まぁこれも嘘かもしてませんが

頼りになる戦場ヶ原さんもちょくちょく手綱は取っていましたが
貝木の前ではただの子供になってる感じでした、更正もしてたのでその影響もありますね

そして、今回のハイライトの自問自答シーン
貝木という男がわかるシーンでもあり、かなり好きだったシーンなのであの格好いい出来はかなり満足
欲を言えば『鏡の中の自分との会話』というのを強調してもらいたかったかなー
ってかトイレお洒落だな!

そんなわけで、貝木は神原の為に撫子を騙す決意をして次回へ
会話劇であり、二人舞台でも退屈させないアニメです、次回のお相手はあのテンション高い神撫子
どうなるかなー


恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)(完全生産限定版) [DVD]
アニプレックス (2014-06-25)
売り上げランキング: 426



クリックしてもらえると嬉しいです


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ninin

Author:ninin
色々な物の感想を書いていきます、時々落書きとかイラストも載ってける予定

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
オススメ
カウンター
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。